2015年07月09日

ダゲキ1on1雑感

バリーに渡した記事の紹介をするモチベがなくなってダゲキモチベが高いので書きます。

サークルでダゲキ1on1の大会があったのでやってきました。どういうものかは字面で判断してください。そのまんまです。型とかちゃっちゃと紹介します。

使用したダゲキ
腕白 精神力@ゴツメ
H180A12B252S60 (173-147-139-*-*-113)

ローキック ねむる
ビルドアップ ちょうはつ

環境考察(型に至った経緯)

特性:厳選がめんどくさく、乱数産をもらおうと思ったら型破りが使えなかった。また、S判定しようとしてくる人に痛い目を見せてやりたかった。頑丈よりは意味があると思い精神力とした(BPが200飛んだ)。

調整:型破り鉢巻きインファで耐久を舐めくさった個体は全部死ぬことが知られており、一応意地鉢巻きインファ耐えまでしないと怖かったので腕白H148B252までは確定とした。また、鉢巻き相手ならダメージで持ち物がわかり、ローキを2回当てれば勝ちだったので技としてローキが確定した。

最初はこの時点でH148B252@アッキ、技をローキ思念@2としたかったが確かスカーフとゴツメと火炎玉を同時に見ることができなかったためお蔵入りとなった。火炎玉への勝ち方を考えたときに、安定させるには眠るビルド挑発がどれも切れないと考えてH148B252@アッキ、ローキ思念眠るビルド挑発としたかったが現実は厳しかった。

しかしここで挑発とゴツメのシナジーに気づいたこと、アッキだとゴツメビルドに勝てなさそうな感じがしたことから自分でゴツメを使うこととした。ゴツメがダメージソースとして強いと思い攻撃技もローキ1ウエポンで足りると確信した。地ならしは身代わりを割れなかったため没となった。

ここまでで腕白H148B252@ゴツメ、ローキ眠るビルド挑発が確定した。ここで改めてスカーフの計算をするとA特化スカーフ思念をされたら勝てないことがわかった。スカーフを持たせるならHBベースのAにほとんど振れないやつかミラー意識の最速だと期待して(A特化はマジで無理)、またHを6n-1にしながら思念の乱数を下げたところ陽気思念に対して乱数2(23.8%)である実値173-139(180-252)が見つかったためここに調整した。また、無振りダゲキではローキを二回当てても最速スカーフダゲキより遅いという事実に直面したためSに60振ることでローキ二回で最速スカーフ抜きとした(ローキ2回ゴツメ2回で無振りダゲキは死ぬため色々無意味)。余った12をAに回して調整が終わった。残った4はDに回さなかった。

この時点では全てに勝てる気がしていた。

結果
16戦して10勝6敗、同率4人の中でオポネント最下位の4位

鉢巻きインファを考慮してない調整の型とローキミラーでS負けてる試合はだいたい勝てなかった。相手のインファクソ強くてビビった。あと火炎玉はウエポンが思念だと思って調整したためインファされて負けたりした。考えの外にいる型は強かった。

負け惜しみ
 型破りのS判定で初手を決めている人が何人かおり、そういう人はこっちが型破りじゃない時点で鉢巻きではないという判断からか初手ビルドしてきたが、相手が型破りという前提で頑丈or精神力AS鉢巻きという可能性も十分考えられると思うのでローキから入るべきなのではないかと思った。俺は全部ローキから入ったが鉢巻きはいなかった。悲しい。

最後に
最初に二敗したときどうなるかと思ったが最終的に勝数では並べたのでよかった。優勝のしまこーおめでとう。バリーありがとう(主催と個体)。参加された皆さんお疲れさまでした。
posted by かねの at 01:23| Comment(0) | ポケモン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください